087-863-5252

〒760-0068 香川県高松市松島町2-17-15

アレルギー科|高松市の内科・アレルギー科・リハビリテーション科|松島二丁目駅近く

アレルギー科

Mobile Site

HOME»  アレルギー科

アレルギーについて

アレルギーについて

アレルギー疾患は、症状の原因となるアレルギー物質(アレルゲン)が同じでも、その時々により、全身に様々な症状を起こします。
当院では、患者様のお一人お一人の体質や、検査から得られるアレルギーの情報を元に最適な治療法を考慮し、丁寧な説明と治療を心掛けています。

じんましん(蕁麻疹)

じんましん(蕁麻疹)

じんましんは皮膚の肥満細胞から遊離した物質によって全身もしくは一部の皮膚に、大小さまざまな発疹が現われ、強いかゆみを伴う症状です。発疹は数分から数時間で消えてなくなります。
アレルギー体質の人に多く見られるとも言われますが、外部刺激やストレス、食品(サバ、エビ、卵など)などでも起きます。生涯で個人がじんましんに罹患する率は約15%とされています。

気管支喘息

気管支喘息は、気道の慢性炎症に基づく気道過敏性の亢進と、発作性で可逆性の咳、喘鳴、呼吸困難を特徴とする疾患です。
急に息ができなくなり、気道が収縮して気管や気管支が詰まり、呼吸の度にのどがゼーゼー、ヒューヒューと鳴るようになります。こうした喘息発作は自然にあるいは薬の吸入などで治まり、症状がない時はふつうに生活できます。
原因は完全に解明されておりませんが、体質的に喘息の起きやすい人がいて、そこになんらかの条件が加わると発症するとされています。
その条件とは、ウイルスや細菌の感染、自律神経の失調やストレスなどで、これらが引き金となって発作を起こすといわれています。発作の原因としては主なものはアレルゲンで、アレルゲンには非常に多くの種類があります。
その他の原因として、季節の変わり目、気温の変化などによって喘息発作が誘発されます。食べ過ぎや過労、激しい運動、女性では月経や妊娠なども喘息の誘因となります。

TOP